看護師が語る夜勤の実態

夜勤明けの爽快感は格別

30代女性
外科内科混合病棟4年、産婦人科1年
急性期病院で5年間勤務し、結婚を機に退職しました。現在は転勤族の夫を持ち、1歳の娘の子育て中です。

休憩時間はとにかく体を休めたかったです

大学病院で外科内科混合と産婦人科病棟で働き、民間病院でも外科内科混合の病棟で働きました。
夜勤体制は、大学病院勤務の時は、18:30〜9:00変則二交代の3人体制でした。夜勤手当は9000円ほどついていました。
民間病院の時は、16:30〜9:002交代の3人体制で、手当は11000円でした。どちらも夜勤回数は月に3、4回でした。
休憩は、仮眠休憩1時間〜2時間半で、その他夜と朝にご飯休憩がありました。
とにかく体を休めたかったので、音楽聴きながら寝ました。
たまに寝過ごして起こされることもありましたね・・。

夜勤明けの朝の爽快感!

夜勤中は、急患や急変、オペや重症の多い時は休憩がないこともあり、ノンストップで勤務することも多くありました。
そんな日は朝方フラフラになり、日勤帯になっても残業で帰れず記録を書きながらウトウト・・・なんてことも。
また、日勤より受け持ちの人数が多いので、よりいつも自分のチームの患者情報をいちいち把握しておかないといけないので、それも大変でした。
さらに、苦手なスタッフとの夜勤が憂鬱だったりします。
しかし、夜勤明けの朝の爽快感は格別です!夜勤明けの次の日は必ず一日休みになるので、仕事が終わったあとは爽快な気分でした!
あとは、スタッフと親密になれることも夜勤の魅力ですね。暇な夜勤だとお菓子を持ち寄り普段話せないことも話したりできました。

休める時に休んでください

私は、27歳で退職するまで夜勤をやっていました。認知症の患者さんが多くいらっしゃったので、ナースコールがひっきりなしだったことを覚えています。
「トイレにひとりで行こうとしたら・・・」と呼ばれていくと尻もちついている患者さんも・・・
またある時は術後不穏状態で点滴を自己抜針されている方もおり、血管が細い方は夜な夜な点滴を入れに全員で苦労しました。
現在も夜勤を頑張っている看護師の皆様、休める時にしっかり休んでくださいね!